低金利と上限金利

低金利と言われているキャッシング業者を利用する場合には、上限金利にも注目するようにしてください。金融機関のホームページにおいては、必ず金利が表記されているものです。一律○○%と表記されているようなものは、銀行系の住宅ローンなど目的が明確なものに対して使用するローンになります。

お金キャッシングにおいては○○%~○○%という表記になっているので金利は一律ではないということです。金利を決める基準となるのは、借り入れ限度額や借入金残高になります。キャッシングにおける金利が目的ローンにおける金利と異なる点は最高金利、そして最低金利とが決まっており、最高金利と最低金利の間にも段階的に金利が設定されているということなのです。

法律においては借入金額から上限金利が定められており、10万円未満であれば20%、10万円以上で100万円未満なら18%です。そして100万円以上であれば15%となっています。

このように、キャッシングにおける金利というのはどのくらいの金額を借りるのかによって変わってきますので、借りる金額が大きければ大きいほど金利を低く借りることができるのです。また、低金利をアピールしているキャッシング業者によってはさらに低い金利で貸し付けをすることもありますが、その場合には条件などが厳しくなることが多いです。


 

・・・低金利で大手の業者